ホルモンバランスによるシミケアについて

こんにちはリフトアップ専門サロンtrue美の伝道師ユノキです。

本日のお問合せは「ホルモンバランスによるシミの目立ち」です。

生理前や妊娠中にシミが気になる(*_*)なんてことはないですか?あれ?なんかこんなしみあったけ?

施術に御来店のお客様も、お肌を診た時に生理前後では?となることが多いです。

今日はそんなシミのお悩みの原因と対策について書きますね(^O^)

生理前や妊娠中のシミの原因

女性ホルモンには2つあり、生理後~排卵前に多く分泌されるエストロゲンと、排卵後~生理前に多く分泌されるプロゲステロンに分けられます。

そのうち、シミに関係しているのは、排卵後から分泌量が増えるプロゲステロンです。
メラノサイトが、何らかの原因で刺激されるため。

実はプロゲステロンには、メラノサイト(メラニン色素を生成する)を刺激するホルモン(MSH)の分泌を促す作用があります。

そのため、生理中や妊娠中はメラニンの生成が活発になり、シミもできやすくなるのです。

↑嫌な作用だけど、これ実は体を守ってくれているんです(泣)体内を守るためにメラニンが身体をカバーするようになってくれているんですよ。嬉しいような悲しいような・・・

因みにもう一方の女性ホルモンであるエストロゲンは、肌のうるおいやハリを保つ作用を持つことから美肌ホルモンとも呼ばれています。

しかし、生理中・妊娠中はエストロゲンが減少しています。
そのために肌がくすみ、シミもいつもより目立って見えるようになるのです。

生理前・生理中・妊娠中にやっておきたいシミ対策

・普段以上に紫外線対策を徹底する
生理前・生理中・妊娠中は、肌のバリア機能が低下しているため、紫外線の影響を受けやすくなります。
妊娠中は特にノーメイクでお出かけの方も多いので日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子なども利用して、しっかり対策をしましょう。

・肌をこすらない
肌をこすると、その摩擦によってメラノサイトが刺激されてしまいます。
敏感になっている時期なので、いつも以上に肌をこすらないようにしましょう。ホルモンバランスの変化でかゆみの出る方もいるので、化粧品を全品変えるなどもこの時期は避けた方が良いでしょう。

・睡眠をしっかりとる
睡眠中は、肌の生まれ変わりが活発に行われるタイミングです。
睡眠をしっかりとることでメラニンの蓄積を防げるため、シミの予防にもつながります。生理中などは特に体も疲れがたまりやすくなってます。早めに休めてあげてくださいね。

シミができると驚愕したくなりますが(^_^;)日頃から対策をして行けば大丈夫です。

そうそう、5月の紫外線量は高くなってますよ!曇りだしなんて言ってたらすぐにシミの予備軍できるので、気をつけてくださいね☆

LINE,メール,インスタ,フェイスブック等からご連絡をくださり、1日以上当店から返信なき場合は、不具合などが考えられます。連絡に使われたSNS以外で再度、ご連絡いただくか、直接サロンにお電話ください

~サロンtrue  の関連SNS~

LINE@→ LINE@

FaceBook→サロンtrue

インスタグラム→インスタグラム

メール→お問合せ

電話→電話

いつでもお気軽にメールかLINEでご連絡くださいね

お問合せ・肌、体相談、ご予約は年中無休

お問合せ  

LINE@

からお願い致します

過去のアメブロはこちらのブログ「美の伝道師ブログ

サロンtrue

岡山市北区表町1-3-46 2階
電話はこちら
サロン公式HP

得なLINE会員様はこちら

LINEからのご予約・ご相談受付中

*追加したらスタンプを送って登録完了!*


インスタグラム

ダイエットからの卒業!!
「美養食プログラム」
卒業者年間20名

詳しくはHPまで

【技術取得・セミナー・イベントのご案内】

オカヤマビューティアカデミー

 お得や新着情報はSNSから

公式LINE@
お友達追加後、お名前をお送りください
公式インスタグラム
DMメッセージ受付中

FaceBook→サロンtrue
メール→お問合せ
LINE,メール,インスタ,フェイスブック等からご連絡をくださり、 1日以上当店から返信なき場合は、不具合などが考えられます。 連絡に使われたSNS以外で再度、ご連絡いただくか、直接サロンにお電話ください

シェアする

フォローする

電話する