なくなっても

こんにちは。柚木です。

もうね。ないの

 

こういわれたのは、倉敷市真備町にお住いだったのお方。

去年の災害で小田川の氾濫により、現在は仮設住宅へお住まいです。

今日初めて、NPO法人オカヤマビューティサミットとしてお伺いした「そーる訪問看護ステーション」での出来事でした。

久しぶり来て、見たらだめだけど、見たらやっぱり寂しくなっちゃうと。施術中にお話しされてました。

このお話をされた方は、家は改修ではなく、倒して土地も売られたそうです。

最初にないの。の言葉は家の事でした。聞いた時、自分がその立場でないので答えることもできませんし、まずはお話を聞こうと思い、うんうんと聞いておりました。

 

「みんな、なんでこんなに明るくできるの?って思うの。」

「私は弱いのよ」

「みんな、つらくないのかな」

「命があるだけいいよね」

「でもやっぱりね。さみしいよ」

「何十年も暮らした家が更地になったんだもん」

 

と、ポロポロこぼされます。聞いてて、ジーンとこみあげるものをおさえつつ、マッサージも呼吸に合わせてリラックスできるように、ゆ~っくりさせて頂きました。

私からは

「みんな、きっと寂しい時もあるけど、笑顔作ってるんですよ。お母さんだけがそう思ってるわけじゃないと思いますよ。お母さんのペースでゆっくりでいいから、こうやって時々でてきたら?お友達とも会えるしね」

のお言葉だけお伝えしました。

お母さんから

「ゆっくりでいいのね?頑張らなくていいのね?」

「ちょっと元気出てきた」

と。

最後はキレイになってみんなのところへ戻られました.。o○

 

私も他の方へ施術してたら、向こうで聞こえるお母さん達の声

「私らも寂しいわ~。特に夜とか。な~」

「私だけじゃないんじゃな。なんか安心した。みんな一緒なんじゃな」

と、会話が聞こえてきます。

お母さんも元気出たようです。

今回初めてですが、沢山の方に集まっていただき、2時間半で7名の方の施術です。スタッフの皆様も有難うございました♡

今回の訪問は、こみあげるものとホッと瞬間が入り混じったしたボランティアエステの日。帰り道、いつもと違う道で、発災後からあまり通ってなかった道を進むと、家が無くなってるところが多く、空き地になっていて、こんなに風景が変わったんだな。と胸が熱くなりました。

時には踏ん張り、時には走り、時には止まる、そしてゆっくりと歩んでいく。

人生って深いな。そんな事を思いました。

 

余談ですが、今回メンズ君もフェイシャルしました☆

女子よりたくさん聞いてきました、やっぱり化粧水は男でもした方が良いんですね!保湿必要なんですね!と。今日からします。と言われてたました。(お~保湿とかの言葉知っとんじゃ!さすがいまどきメンズ)

世の中の女子、メンズに負けないようこれからの時期、保湿!してくださいね(^_-)-☆

 

 

 

☆ご予約はメールもしくはLINEかお電話で。お名前・ご連絡先・ご希望日時をお知らせください。
モニター募集はこちらのページもご覧ください

*施術中はお電話に出ることが出来ませんので、メッセージを残してください。折り返しおかけします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA