そのだるさウインターブルーかも?

こんにちは。柚木です。

ウインターブルーって??

冬にかけて体調を崩すことから「ウィンターブルー」と呼ばれるもの


いわゆる、冬に体調不調な状態が続くことで冬季うつとも呼ばれたりするそうです。

●気分が落ち込むことが多くなった
●以前ならこなせた仕事が上手くできない
●疲れやすい
●考える力や集中力が明らかに低下している
●睡眠時間が長くなった、朝起きられない

こんなことありませんか?

冬は寒くなったりで、お布団から出られない方も多いとは思いますが、それが日常生活にも影響が出るようなら要注意です。

では・・・どうやったら回避できる??

栄養バランスや睡眠なども大切な一つですが、それ以外にもっと!簡単な方法があります。それは・・・『光』

なぜか?

冬になると日照時間が短くなってメラトニンやセロトニンといった脳内ホルモンの分泌が低下しやすくなることから、様々な不調が現れると考えられています。

日照時間が短くなることがこういった体調不良の原因とされていて、
朝早く出勤、日中は室内、暗くなってから帰宅・・・と日光を浴びる機会があまりにも少なくなることになる冬の特性ですね💦なので

日光を積極的に浴びる(光療法)ことで

睡眠ホルモンである「メラトニン」、幸せホルモンである「セロトニン」は日光を浴びることで生成されるので、日光を浴びることで睡眠のリズムが乱れたり精神のバランスが崩れたりするのを防げたりするようです。


お肌には大敵な日光であり紫外線ですが、この季節は朝太陽を浴びたり、日中散歩して、体のリズムも整えてみたいですね。

私は太陽浴びるの好きなので晴れた日はボーっと5分くらい外にいますよ(≧▽≦)

もちろん日焼け止めは必須です 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA