年を重ねて美しく可愛い女性になる秘訣とは?その②外見偏

こんにちは。柚木です。

【年を重ねて美しく可愛い女性になる秘訣とは?その②外見偏】

先日もお伝えした秘訣シリーズ!今日は外見偏を

いくつになっても美しく可愛い女性は、ファッションや見た目も違います。それを紐解いてみますね

☆年齢に合った。自分に合ったファッションをしている☆

年齢に合った流行りを取り入れ自分に合った小物などをチョイスしている。例えば、持ち物(バッグなど)・髪型もですね。

ここで気を付けたいのが、20歳の流行りの服や髪などをまるまる真似する事

若い子の真似ではなく、若さを自分なりにチョイスして取り入れる事。

これがイタイおばさんにならない秘訣です

☆髪や肌がツヤツヤ・潤いがある☆

美容家としては、ココ大事!って大きな声で言いたい(笑)

肌が荒れていると年齢よりも老けて見え、さらに

【清潔感がない・だらしない】と思われがち…年を重ねてもハリツヤのある髪や肌を保つ努力をする。

結局のところ「年取ったしーもうどっちでもいい」なんて事にしない。自分に目を向ける事って大事なんだなと思います。

☆姿勢に気を付ける☆

背骨が曲がっているとそれだけで自身の年より上に見られます(汗)

ですので、信号待ち・行列・歩くとき・仕事中も意識する。

姿勢を気を付けることは、お胸にもよいですよ。そして足を組まないようにして体の歪みにも気を付けたり。。。ピンとした背中はそれだけで若々しく、元気に見られます。ストレッチなども体の柔軟性に役立つのでおススメです

 

以上が外見偏。

やっぱり自分の体や肌に意識を向ける事って大事なんだよね。と私自身心に言い聞かせて書いております(≧▽≦)一緒に可愛い美しい女性であり続けましょう♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA