オーガニックが良いのではない

こんにちは。柚木です。

今日はお客様のお問合せにありました。

オーガニック化粧品についてお話ししま~す。

オーガニックと聞いて、思い浮かべるのはなにでしょか?

・自然派

・優しい

・無添加・無農薬

などのイメージですよね。そもそもオーガニックってなんなの?なんですが

オーガニック=有機栽培

という意味でして、有機物をつかった栽培方法です。無農薬という意味ではありませんが、最近では。合成された化学肥料等を使わない場合もオーガニックとも言っています。

オーガニックを食品に関しては農林水産省の有機JAS制度などで基準があります。が、化粧品はどうかと言いますと・・・

日本では法律的な基準はありません。EUなどは認証制度などもありますね。

ですので、化粧品メーカーの”売り”として名づけたりする商品もあります。もちろん、海外のオーガニック認証を取っている商品もあります。

そして、オーガニック=安心というものでもないのですよ。

確かに、農薬使ったものなど使ってないというのは安心ですが。。。植物も分解していくと、化学になります。その科学的成分にアレルギーのある方はトラブルがでます。

例えば、

これからやってくるスギ花粉を持つ杉

花粉にはアレルギー症状が出ますが

杉自体に含まれるセドロールには誘眠効果もあり、睡眠の質が上がります。

アルコールに弱い方

消毒用のアルコールにもかぶれる。そして、お酒を飲むと体がかゆいという方も。

と、言ったように、自然の物でも反応の出る方もいます。

私的には、これまでのエステティシャン経験からいうと、エステ専売品の商品には比較的トラブルが少なく、肌悩みの改善効果は高いです。お値段は高いように思いますが、某大手メーカーさんとは違い、広告費やパッケージ代金をかけない分、成分研究などに使っているからです。ですので、私は某大手メーカーの商品などやオーガニックと謳ってる商品は裏表示を見てふ~~~~~~~んとなります。

ですので、オーガニックという名前だけで、惑わされないことが大切ですよ♪

また、手作り化粧品がよい!とされている方、、、保存などの事もあるので、博識でされるのはやめた方が良いですよ

 

☆ご予約はメールもしくはLINEかお電話で。お名前・ご連絡先・ご希望日時をお知らせください。
モニター募集はこちらのページもご覧ください

*施術中はお電話に出ることが出来ませんので、メッセージを残してください。折り返しおかけします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA