夏は赤・火の時期

こんにちは。柚木です。

立春が過ぎ夏に向かう今

本格的な夏ではありませんが、暑い夏を乗り切れる身体に今から準備を始めましょうね

 

夏は赤・火の時期

東洋医学的に夏は「赤」「火」の時季と言われています。

夏は拍動や発汗量も増えます。というのも体温調節のため体の中に”熱”を貯めない事が大事になってきます。体温調節には心臓や自律神経の働きがとても重要で、いつも以上に負担がかかります。

東洋医学で夏は「心経」が働き、心経と対になる「小腸経」も鍵を握っていると言えます。

分かりやすく例えると

陽気が高まって、血液も全身に巡らせます。そして熱を発散していきます。陽気が高まると精神的にも攻撃的になりやすく、ちょっとしたことで怒りやすくなります。またのぼせ、倦怠感もでてきますね。

また、体を冷やそうと冷たいものを飲んだり、冷房をつけすぎたりして内臓の働きが悪くなり、お腹を壊してしまうなどの体調不良を引き起こしやすくなるということですね。

 

立夏を迎えたらそろそろ準備時期

最近は各地で夏日や真夏日になっていて、急に夏!いうこともありますね。。。

まだ夏の身体ではないのに気温は高くなり、自律神経は乱れまくり。。。(嬉しくないよなー)

なので、そろそろ夏の体つくりしていきましょう。

お肌も毛穴全開になりがち、化粧水もしっかり使いましょうね~。砂漠になっちゃいますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA